善玉菌を増やすと虫歯予防ができるって本当?

ブリス菌は乳酸菌(善玉菌)ですが、腸内フローラに続いて最近注目されている口内フローラは、善玉菌を増やすことで虫歯予防ができると言われています。

また、悪玉菌と善玉菌の細菌バランスは、虫歯菌だけでなく歯周病菌などにも関係があることがわかっていますが、口の中の細菌とどれくらい善玉菌を増やすと虫歯予防ができるのか、どのくらいのバランスが良いのかってよくわからないですよね。

実際に目に見えないものなので、検査をしないとどんな状態かはわかりませんが、菌についてきちんと知っておくと、善玉菌を増やすことがどれだけ大切なのかがわかります。

 

口の中の細菌とバランス

口の中の細菌

口の中には何種類くらい細菌がいると思いますか?

なんと!700種類ほどの細菌が暮らしているのですが、スゴイのはその数で大人の口の中には1000億個以上と言われています。

ただ、これはきちんと歯磨きをしている人の細菌数で、あまり歯を磨かない人は4000億個以上、歯を磨かない人や朝の口の中は1兆個とかなりの数になります。

数だけを言われてもわかりにくいですが、便1gで100万個という数と比較すれば、どれだけ朝や歯磨きをしない口の中が汚いかがわかります。

しかし、ここで気を付けてほしいのが口の中の細菌は、すべてが悪いものというわけではなく、

  • 悪玉菌
  • 善玉菌
  • どちらにもなる日和見菌

この3種類がいます。

そして全体の細菌バランスは
『善玉菌+日和見菌【7】:悪玉菌【3】』

 

虫歯菌や歯周病菌がいても虫歯にならない!?

虫歯菌に感染すると虫歯になる!と思っている人もいるかもしれませんが、口の中の細菌バランスが7:3、善玉菌が7以上なら虫歯菌や歯周病菌などの虫歯菌は悪さをしません。

ただ、これがいつも一定と言うわけではなく、日和見菌は悪玉菌にも善玉菌にもなるので、これが悪玉菌になってしまうと、細菌バランスは崩れて悪玉菌の方が増えてしまう可能性があります。

また、歯周病や虫歯をほかっておくと歯周病菌や虫歯菌が繁殖してしまうので、バランスが崩れて、トラブルが起きやすい状態になってしまうのです。

もともと自浄作用があるので、唾液で汚れや細菌はある程度洗い流すことができるのですが、ブラッシングや歯間ブラシ、舌のケアをしないと唾液だけでは完全に汚れを落とすことはできません。

今、細菌バランスが悪くても、正しい口腔ケアを習慣にすることで悪玉菌の繁殖を防ぐことができるので、ブリス菌で善玉菌を増やすことは虫歯予防に効果的なのです。

 

まとめ

善玉菌を増やすことで虫歯予防ができるかどうか、答えは「YES」です。

ただ、細菌バランスは一度良くしたから大丈夫!というわけではなく、日頃から善玉菌+日和見菌7以上になるように口腔ケアを習慣にしていかなくてはいけません。

ブリス菌で善玉菌を取り入れたとしても、歯垢や汚れを取り除かなければ虫歯菌や歯周病菌のエサがあるので悪玉菌は繁殖し続けるので、歯磨きと歯間ブラシやデンタルフロス、舌のケアと全体のケアを心がけてください。

親が習慣にしていると、小さいうちから子どもにも習慣にしやすいので予防を徹底していきましょう。

>>【ブリス菌123】TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ