ブリス菌は清掃剤?効果や意味を詳しくチェック!

ブリアンは世界初の歯磨き粉と言われていますが、公式サイトを見ているとブリス菌は清掃剤と書かれています。

清掃剤が虫歯予防をしてくれるの?

一体なんなの?

って思いませんか?

市販の歯磨き粉にも入っている清掃剤、実はわかりやすく言ってしまうと研磨剤のことなのですが、研磨剤というと今度は歯の表面を傷つけたり、良くないのでは?というイメージになってしまいますよね。

ここを勘違いしてしまうと、清掃剤=悪になってしまうんです。

 

ココ重要!清掃剤にもいろいろあるんです

先ほど話したとおり、研磨剤というと悪いイメージを持っている人もいますよね?

そのため、最近の歯磨き粉は「研磨剤」ではなく「清掃剤」という書き方をすることがあるのですが、成分は歯磨き粉によって違います。

実際我が家にあった市販の歯磨き粉(現在歯磨き以外に使っています)を見てみると…

img_4933

img_4934

img_4935

全部違います。

成分が安心の歯磨き粉だから入っていないと言うわけでもないのですが、気を付けてほしいのがその働き!

研磨剤は着色汚れを落としてくれますが、成分によっては歯を削るので細かい凹凸ができてしまい、余計に着色しやすくなってしまったり、削ってしまうことで知覚過敏になってしまうことがあるのです。

ただ、全部が全部ダメ!というわけではなく、ブリス菌のように歯を傷つけずに歯垢や汚れを落としてくれるものもあるので、清掃剤・研磨剤という名前ではなく成分と働きをチェックするようにしましょう。

 

子供の着色予防や汚れとりに重要な2つのこと

ブリス菌の清掃剤としての効果は虫歯菌や歯垢を除去することで、ブリアンを使ってみると本当に歯がツルツルしますが、歯を削ってしまう研磨剤タイプは歯垢がついているのではなく、凹凸ができてザラつきを感じることも。

ただ、どんな清掃剤でもブラッシングをしなくては意味がありません。

つまり、汚れを取るのに重要なのは「ブラッシング」

そしてもうひとつ。

子供の着色汚れを気にして、研磨剤入りの歯磨き粉で磨こうか悩んでいる人もいるかもしれませんが、子供の歯の色が気になるなら歯医者に相談しましょう。

乳歯は柔らかいし、傷をつけてしまうと余計に汚れがひどくなってしまいます。

そのため、着色汚れがつかないように「水を飲む」

麦茶や食事のあとに水を飲むことで、歯に汚れを付きにくくすることができます。

 

まとめ

ブリス菌の清掃剤の効果は、虫歯菌や歯垢除去。

清掃剤=研磨剤=歯を傷つけるというイメージがあるかもしれませんが、歯を傷つけてしまうようなことはなく、成分にも研磨剤の使用はなしとなっています。

研磨剤不使用と書いてあっても、清掃剤に同じ(ような)成分が書かれていることもあるので、必ず清掃剤の成分と効果も歯磨き粉を選ぶ時には確認しましょう。

BLIS M18に関しては、この心配なし!

乳歯は大人の半分ほどのエナメル質なので、小さなうちから研磨剤を使っていくと、将来的にも心配です。

また、重曹を体に優しいと思っているかもしれませんが、重曹でも研磨効果がかなりあるので気をつけましょう。

>>『ブリス菌123』TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ