子供にサホライドは本当に安全?歯科医も意見は賛否両論

乳歯の虫歯止めとして使わるのがサホライド。

昔から使われているのですが、知らなかった・聞いたことがないと言う人もいますし、最近では使われることが減ったので、ネットで初めて知ったと言う人もいるのではないでしょうか。

歯医者が大嫌いだし、理解のできない子どもや暴れてしまうなら最適かもしれません。

しかし、見た目的にも黒くなってしまうし、子供にサホライドは安全なのでしょうか。

サホライドってなに?

サホライド

サホライドは「フッ化ジアミン銀」。

フッ素と銀を含んだ溶液で、1970年代頃から虫歯の進行止めとして使われるようになりましたが、塗布するのは乳歯の初期虫歯で、進行している虫歯には塗布することができません。

また、殺菌と虫歯抑制の2つの効果があり、短時間で済むので子供だけでなく高齢者など歯医者に行ったり、治療をするのが難しい人に使用されます。

虫歯の進行が止められるのはフッ素だからではなく、銀でコーティングするからなのですが、完全に止めることはできないので、定期的にきちんと通わないと悪化してしまうこともあるので注意しましょう。

ちなみにサホライドでの治療は保険適用で、定期的に健診で見せるだけなので、プラスαで特にすることはありませんが、定期健診で虫歯の進行状態は確認する必要があります。

サホライドの3つのデメリット

削ることがなく体に関する副作用もないので、治療を嫌がる子供にはメリットに感じますが、3つのデメリットがあります。

・苦い
大人でも苦いと感じるくらいかなり苦いので、舌に触れないようにしたり、唾液に当たらないようにするなど、塗る時には注意が必要で、一度苦いとわかると、治療と同じくらい歯医者を嫌がってしまうこともあります。

・黒くなる
銀が酸化すると黒くなるので、塗布後に舐めたり、触ったりすると一時的に黒くなるし、永久歯なども黒くなってしまう可能性があります。

まだサホライドを勧める歯医者もありますが、黒くなるので使わなかったり奥歯や見えないところだけに使うなど、見た目を重視する親が増えているので、使わない歯医者も増えています。

・進行は完全に止まらない
進行止めと言いますが、進行を遅くすると言った方が正しいです。

フッ素塗布やシーラントのように塗っているだから大丈夫!というわけでなく、虫歯を進行させないようにブラッシングや生活習慣改善が必要になります。

初期虫歯は削る必要がなく、しっかりブラッシングをすれば治すことができるので、正しいケアを心がけましょう。
>>子どもに仕上げ磨きをするのにコツがある!?

まとめ

子供にサホライドは安全、というより体に害はないですが、使うかどうかは歯科医次第になります。

治療ができずにやむを得ず…というときもありますが、勧められても見た目や学校での影響を考えて、前歯や見える部分だと反対する親もいます。

七五三とかの写真で歯が黒かったら、と考えると、反対したくなるのも納得です。

また、治療だけでなく、子供がサホライドを塗るのも嫌がる場合もあるので、苦くて他のところも黒くなってしまう子とも考えれば、サホライドをしてほしいと思っても無理と判断されることもあります。

子供にサホライド安全だとしても、これは最終手段。

辛いをもさせないためにも、日頃から定期健診に連れて行き、虫歯にならないことと、歯磨きを楽しい習慣にしていきましょう。

→子供虫歯0にするならブリアン!(キャンペーン中49%OFF&返金保証あり)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ