ミュータンス菌って一体なにもの?

虫歯の原因のひとつと言われているのが「ミュータンス菌」ですが、そもそもどんな菌で、口の中でどんな影響を与えているのか知っていますか?

名前を知っている程度だったり、詳しくは知らないというお母さんも多いのではないでしょうか。

そこで、
・ひとつでも菌がいたら虫歯になってしまうのか?
・虫歯以外にも悪い影響はないのか?
など、気になる疑問を解決していきます。

ぜひ、ミュータンス菌について詳しく知識を深めていきましょう。

ミュータンス菌ってこんな菌

ミュータンス菌

虫歯になってしまうひとつの原因として挙げられるミュータンス菌の大きさは約1μm(マイクロメートル)で、これは1㎜の1000分の1の大きさです。

イマイチ数字で言われても現実味がないですが、非常に小さいということだけはイメージできそうですね。

こんなに小さいために、歯の隙間やちょっとした傷にも入り込んでしまうのが怖いのですが、初期段階では主に歯の表面にくっついて悪さをはたらいているのです。

歯の表面にくっついた状態を“歯垢(プラーク)”と言い、日常の歯磨きで歯垢除去を促しているのは、ミュータンス菌を取り除くためです。

しかし、歯磨きを適切に行わなければ、どんどん悪さをはたらきます。

そのミュータンス菌の悪行というのが、食べ物に含まれている糖質から“酸”を作ること。

酸と聞けば『物を溶かす』というイメージがあると思いますが、その通りで、この酸によって歯を作り出している主成分であるカルシウムやリンが溶け出てしまいます。

するとどうなるのか…というと、歯は骨粗しょう症の骨と同じように、中身がスカスカのスポンジのような状態に変貌してしまうのです。

小さいのに、とんでもない影響を及ぼしている菌ということなんですね。

虫歯以外の影響

ミュータンス菌は口の中でネバネバとした歯垢となり、その中でずっと生存し続けています。

なんと、1mgの歯垢の中には1億個のミュータンス菌やその他雑菌が存在しているんです。

これを放っておくともちろん虫歯になってしまうのですが、他にも“歯石”ができたり“歯周病”になるなどの影響があります。

【歯石】

歯石というのは、歯垢がカルシウムなどと結合して硬くなったもので、表面がざらざらしているのでさらに歯垢がくっつきやすく、どんどん硬く大きくなってしまうこともあります。

こうなってしまうと、家での歯磨きでは対処できないので歯科で取り除いてもらわないといけません。

【歯周病】

歯周病は、歯石がたまったり歯垢によって歯が溶けて歯茎との隙間が広がって、そこに細菌が侵入することで起こります。

歯茎が赤く腫れたり、歯がぐらぐらになってしまったり、さらには強い口臭を伴うケースも。

テレビCMなどを見ていると年齢を重ねた大人がかかるものだという意識になりがちですが、子どもであっても歯周病には注意が必要です。

ミュータンス菌ひとつを放っておくことで、虫歯以外にも怖い影響を受けてしまうという事を覚えておきたいですね。

まとめ

ミュータンス菌は虫歯の原因となる細菌であり、食べ物の糖質からネバネバとした歯垢を作り出し、そしてその中でどんどん増えて、強い酸で歯を溶かしてしまいます。

これを放っておくと歯の神経まで溶かし、治りにくい虫歯に発展。

また、歯垢が硬くなった歯石や、それによって歯茎などにも影響が出る歯周病のおそれがあり、ミュータンス菌ひとつだけで、口の中のトラブルが数多く起こると言っても過言ではありません。

口の中を清潔に保ち、トラブルを少しでも減らせるように努めていきましょう。

>>口内環境をよくするブリス菌配合歯磨き粉「ブリアン」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ