ミュータンス菌の感染したら虫歯になってしまうの?

ミュータンス菌に感染してしまうと、必ず虫歯になってしまうのでしょうか。

お母さんの立場からすると、とても神経質に構えてしまうお子さんの虫歯ですが、本当のところは『感染したら必ず虫歯』ということにはなりません。

ミュータンス菌がいても虫歯にならない人というのはどんな人なのか、逆に虫歯になってしまう人の特徴とは何なのかを見ていきましょう。

虫歯の原因に注目してみよう

虫歯の原因として、『ミュータンス菌に感染すること』というのが挙げられますが、ここで注意しておきたいのが、必ずしもこれだけが理由にならないということ。

虫歯になってしまうひとつの原因として菌の感染があるだけで、もっとたくさんの条件が必要だったんです。

それが、

  • 菌の多さ
  • 歯の質の弱さ
  • 食べかす(糖分)の量

です。

つまり、ミュータンス菌に感染しただけでは虫歯にならないと言っても間違いではないということ。

例えば、風邪のウイルスは空気中にたくさん存在していますが、体の免疫細胞によって多くは退治されて結果的に風邪をひかずに済んでいることもしばしば。

これと同じで、菌の数が増えなければ『病気にならない=虫歯にまで発展していかない』ということになります。

また、菌が増える要因が食べかすに含まれる糖分なので、歯磨きなどで食べかすを上手に取り除いていれば菌のエサが無くなることと同じです。

エサが無ければ菌は繁殖できず、口の中で悪さをすることなどできません。

そして、たとえ悪さ(歯を溶かそうとする)をしようとしても、歯の質が強ければ虫歯になりにくく、健康な歯のまま過ごすことはとっても簡単なのです。

虫歯になる人ならない人

虫歯になる人ならない人

虫歯にならない人というのはミュータンス菌がそもそも存在していない、または菌の数が少ない人です。

生まれたばかりの赤ちゃんもこれに含まれていて、歯が生えていないので菌による悪影響を受けません。

また、口にするのも母乳またはミルクであるため、菌が存在していても繁殖することが困難なのです。

赤ちゃん以降で虫歯にならない人は『菌が少ない=菌が増えない環境にできている人』のこと。

  • 日常の歯磨きで口の中が清潔に保たれている
  • キシリトールなどで再石灰化を促している
  • だらだら食事をせず口の中に食べ物がある時間が少ない

こうした習慣がある人は、例えミュータンス菌に感染していても虫歯になりにくいのです。

逆に、口の中があまり清潔でない人は虫歯になる可能性がグッと高くなり、大人であっても子どもであってもこれは同じこと。

  • 歯磨きが嫌い
  • 甘いものが好き
  • 間食が多くて口の中に食べ物が入っているトータルの時間が長い

こういった人は、菌が増えやすい状況にあります。

菌がいるかいないか、歯磨きができているかできていないか…ということだけに関わらず、食事の習慣や食べているものの内容によっても、虫歯になるかならないかが左右されるという事を覚えておきたいですね。

まとめ

ミュータンス菌に感染したからと言って虫歯になるとは限りません。

虫歯になってしまうのには、菌の量や歯の強さ、食べかすがどれくらい残っているのかといった条件が必要になってきます。

このことから、大切なのはいかに菌を増やさないかということであり、口の中を清潔に保っておく努力が必要なのだとわかりますね。

ミュータンス菌に感染してはいけないということだけに着目するのではなく、もし菌が移ってきてもその後の習慣でどれだけでも虫歯を予防できるのだということを忘れずにいたいところです。

>>ブリス菌の歯磨き粉の知って損なし!副作用や効果について【ブリス菌123】 TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ