子供を虫歯にさせてしまう残念な2つのこと、していませんか?

子供の虫歯の原因はひとつだけではありません。

そのため、「気を付けていたのに虫歯になった!」という場合には、虫歯予防に良いと言われるひとつのことだけをしていた可能性があります。

特に虫歯予防に一番重要なのは歯磨きと言われますが、いくら正しい歯磨きをしたとしても、それだけでは虫歯菌を減らすことができないし、完全に虫歯を予防できるか?と言えば、そういうわけではないのです。

では、歯磨き以外に子供の虫歯の原因になるのは?というと、代表的なもので2つあります。

まずはやっぱり虫歯菌感染

子供と虫歯菌感染

虫歯菌は感染するということは、かなり有名なので知っている人も多いのではないでしょうか。

100%感染させないのは無理だとしても、まったく何もしないのと気を付けるのではやっぱり違うので、家族みんなが注意する必要があります。

一般的な感染原因として

・同じ箸や食器を使う
・口移しや同じ食べ物を共有する
・キスをする

などがありますが、顔の近くで話したり、咳などで唾が飛んだ場合にも感染するとも言われています。

また、親子や兄弟だけでなく、恋人や夫婦でも虫歯菌は感染すると考えれば、みんながきちんと虫歯の治療や口内環境を良くしなくてはいけない、ということです。

口の中の細菌数は決まっているので、2歳半頃までに虫歯菌の数が少なければゼロでなくても虫歯になりにくいですが、それぞれの細菌が増減しているので虫歯に絶対ならないとは言い切れません。

そのため、細菌バランスが決まってくるまでは徹底して虫歯菌の感染予防&増やさない努力をすることと、2歳半以降も永久歯への生え変わり時期や女性なら妊娠中などの期間に口内環境が悪くならないようにしていくことで、大人になっても虫歯ゼロを継続することができます。

オヤツや食事の食べ方にも要注意

子供の虫歯の原因として、「歯の質・菌・砂糖・時間」の4大要素がありますが、飲み物や食べ物の砂糖を減らしていたとしてもダラダラ食べたり、回数を増やしていては再石灰化より脱灰の時間が多くなり、虫歯になりやすくなってしまうのです。

そのため、1日3回のご飯に1日2回のオヤツ、夕方の食事の前にちょっと何かを食べたり、パパの帰りが遅い人はパパが帰ってきた後につまみをちょこっと一緒に食べたりと食べる回数が多かったり、1回に時間をかけて食べてしまうと虫歯になりやすくなってしまうのです。

「どんなものを食べるか」だけでなく「どのくらいの時間で食べるか」「何回食べるか」でも変わってくるので、口にするものを気を付けている人はプラスα時間や回数も気をつけましょう。

また、歯磨きは食後よりも寝る前と朝起きた時の2回が重要なので、しっかり磨いてくださいね。

まとめ

子供が虫歯になる原因はいくつかあります。

歯磨きが嫌いだから仕方ないとか、歯の質が弱いから仕方ないという意見もありますが、それだけでは虫歯になることはないので、原因がわかっているなら他の虫歯予防をしっかり念入りにして、徹底していても虫歯になる場合にはそれ以外に原因がないかを考えてみてください。

乳歯の虫歯は永久歯にも影響しますし、虫歯になりやすい習慣は改善することで虫歯になりにくくなります。

どれも難しいことではないので、正しい知識を持って歯のケアを心がけましょう。

>>子供の虫歯は親のせいって本当なんです!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ