虫歯をブリス菌はなくしてくれるって本当?勘違いはNG!

人気の歯磨き粉「ブリアン」が話題になって、ブリス菌に対してたくさんの情報がわかるようになりました。

口コミも増えてきたし、BLIS M18に対してもわかるようになったので安心して購入ができるようにはなったのですが、その反面間違った情報が流れていたり、勘違いをしている人もいるようです。

中には「虫歯にブリス菌は効果がない!」と思っている人もいるかもしれませんが、正しい情報と理解が大切で、思い違いや間違った考えをしていると、虫歯対策をブリス菌ではできなくなってしまうので注意しましょう。

 

虫歯はブリス菌では治せません

まず、虫歯菌除去とか、虫歯予防と言われるブリス菌の効果。

これは虫歯を治すと言う意味ではないので、初期虫歯は自宅で正しい歯磨きや生活改善をすれば治るかもしれませんが、それ以上だと歯医者できちんとした治療が必要になります。

乳歯のばあいは進行も早いので、初期虫歯かどうか、治療が必要かどうかは歯医者に行ってきちんと歯科医に判断してもらうことが重要!

  • 白い
  • 穴が開いていない
  • 痛がっていない

と、勝手な判断で歯医者に行かないで様子を見ると、あっという間に悪化してしまうので注意しましょう。

また、虫歯菌除去や虫歯予防というのは、善玉菌であるブリス菌が口の中を入れることで善玉菌を増やして、悪玉菌(虫歯菌)の働きを抑えてくれると言った方がわかりやすいかもしれません。

口の中には悪玉菌と善玉菌がいて、細菌バランスが悪玉菌>善玉菌だと口内環境が悪くなってトラブルが起きるので、ブリス菌を取り入れることによって善玉菌>悪玉菌の状態にします。

虫歯菌がゼロでなくても、善玉菌が多ければ虫歯になりにくくなる=虫歯予防ということ。

しかし、今ある虫歯に関しては初期虫歯以外は治療が必要になるので、早めに歯医者に行き、これ以上悪化したり、他の歯が虫歯にならないようにしましょう。

 

一度虫歯になってしまったら効果がないの?

むし歯とブリアンの効果

虫歯は虫歯菌の感染と言われますが、生活習慣(特に食生活)や歯磨きが原因になることもあります。

そのため、虫歯菌に感染したからと言って100%が虫歯になるとは限りませんが、虫歯菌が多く、細菌バランスが悪玉菌優勢であれば、虫歯になりやすい口内環境であると言えます。

そのため、虫歯になりやすい体質だったり、一度虫歯になってしまったらブリス菌は効果がないの?というと、そういうわけではありません!

今現在、虫歯の歯があったとしても、他の歯が虫歯にならないようにしたり、治療後にこれ以上虫歯を増やさないようにするためにブリス菌はオススメです。

虫歯菌に感染したり、虫歯になったとしても、その後の生活次第で虫歯予防は充分可能なのです。

ブリス菌は3歳以上の子どもや大人、高齢者でも効果があるので、口内環境を改善するためには年齢問わず毎日習慣にしていくことで、家族感染を防いで、みんなが虫歯にならないように心がけましょう。

 

まとめ

今ある虫歯をブリス菌が治してくれる、なんてことはありません。

しかし、口の中にいる虫歯菌が悪さをすることを防いだり、今後虫歯にならないようにすることは充分可能なことなので、細菌バランスが定着してしまったあとでも、ブリス菌を毎日の習慣にしていきましょう。

大切なのは子供だけでなく、虫歯菌を感染させてしまう周りの人たちも気を付けること!

そうしないと、いくら子どもの虫歯予防を徹底していても、感染源がある以上は虫歯になりやすい状態は変わらないので、できるなら妊娠中や歯が生える前から大人も習慣にしていくことをオススメします。

>>知ってました?大切なのはブリス菌を○○すること

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ