子供が虫歯と歯医者で診断された!今後の虫歯対策はどうすべき?

子供が虫歯だと歯医者で言われて落ち込んだ経験、ありませんか?

歯磨きが嫌いだとか思い当たるところがあればまだしも、虫歯予防を徹底しているのに虫歯になったとなれば、子供を虫歯にしてしまった自己嫌悪やらどうしていいかわからなくなります。

これは頑張っていればいるほど。

でも、子供が虫歯と歯医者で診断されたら「虫歯になりやすい」と考えて、今の虫歯予防を見直すことから始めましょう。

まずはきちんと歯医者に通うこと

子どもの虫歯

乳歯の虫歯は進行が早くて白いので『気づきにくい』という特徴があります。

そのため、気付かないうちにどんどん進行してしまうので、中には口を開けるのを嫌がって歯を全然磨かせてくれない子に「あーん」と食べ物を入れようとしたら虫歯に気付いて急いで歯医者に連れて行く・・・なんてことも。

大人の虫歯は歯に違和感を感じますが、子供の場合は上手に伝えられないだけではなく、一時的に痛くなったり、まったく痛くならないこともあるので、子供の虫歯をなるべく早く見つけたいと思うなら歯医者の定期健診に通いましょう。

1歳半検診など自治体が集団で行うことがありますが、生えている歯の数は個人差があるので、歯並びや虫歯、歯の色など何か気になることがあれば、1歳半より前に歯医者に連れて行くようにしてくださいね。

定期的に通うことで初期虫歯を見つけることができれば、治療をしなくても歯磨きと生活習慣の改善で虫歯を治すことができるし、子供にとって歯医者という場所が怖くないところになります。

二度と虫歯にしない!そのために親ができること

虫歯を治したのに、また虫歯・・・

そういうときは、何かしらの原因があります。

子供が嫌がっても必死に歯磨きをしているのに!と思うかもしれませんが、歯磨きをしたとしてもきちんと磨けていなければ1日10回しても虫歯になってしまうのです。

今は唾液検査で虫歯菌や唾液の量を調べることもできるし、ブラッシング指導や虫歯予防アドバイスなど、子供の虫歯を歯医者で予防することができます。

予防歯科に力を入れているところも多く、小児歯科も子供が通いやすく工夫がされていて楽しく通うことができますが、やっぱり痛い・怖い思いをすれば、子供にとっては怖い場所になってしまいますよね。

親が「虫歯になったら歯医者に通わなければいけない」と恐怖感を植え付けるのもよくありません。

子どもの虫歯と親

またそれ以上に良くないのが『親の安心感』です。

フッ素(塗布)やシーラントなど虫歯予防に効果があると言われているものは100%ではなく、特にシーラントは気をつけないと余計に虫歯になってしまうリスクが高くなってしまいます。

一度したら安心して歯医者に定期的に通わなくて、ちょっとくらい手を抜いても・・・なんて考えが虫歯になる原因です。

 

結果的に気づいたら虫歯になってしまうくらいなら、最初からブリス菌や歯磨き、食生活と毎日自宅で習慣にできる虫歯予防を徹底した方が虫歯になりにくいのです。

虫歯菌に感染しただけでは虫歯になりません。

虫歯になる口内環境や虫歯菌のエサ、繁殖しやすい環境を避けることが虫歯予防に効果的です。

まとめ

子供が虫歯かな?と思ったら、まずは歯医者に連れて行くこと。そして、定期検診にきちんと通い、親や兄弟も一緒に気を付けることが虫歯予防になります。

毎日の習慣、蓄積が虫歯になるので、毎日の生活の中に悪習慣は必ず潜んでいます。

特に自分や上の子が虫歯になりやすかったから下の子も…ではなく、虫歯になりやすかったからこそ毎日の生活に何か原因があると考えて、みんなでその習慣を改善していくことが虫歯を防ぐ近道になるのです。

ただし、必死になりすぎて子供が嫌がってしまわないように、楽しい歯磨き習慣を心がけましょう。

>>子供が歯磨き大好きになる!ブリアンの公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ