子供の口臭が気になる!原因は一体何?

口臭が気になって仕方がないというのは、何も大人に限ったことではありません。

ちいさな子供と遊んでいる時などでも、ふとしたときに口臭が気になるときってありますよね?

きちんと歯磨きさせているはずなのに、どうして口から嫌なニオイがしてしまうのか…、もしかして虫歯になっているの?

そんな子供の口臭の原因について迫っていきます。

歯磨きをしていれば口臭はなくなるのか、それとも別の原因が潜んでいるせいなのかを詳しく見ていきましょう。

やっぱり一番は歯磨きの仕方

口臭と磨き残し

子供の口臭の原因として、一番に考えられるのは歯磨きが不十分であること。

親がどれだけ言い聞かせても、子供の歯磨きのやり方は結局独自の方法になってしまうものです。

特に、大人が意識できる『歯と歯の間』『歯の裏側』と言ったところまではなかなか手が届かなかったり、表面だけ磨いて満足してしまうのが殆ど。

すると、表面的には歯がきれいになっていても、見えないところで歯垢や食べかすが残ることになり、そこに雑菌が繁殖して嫌なニオイを発生させてしまいます。

また、歯磨きをしている時に血が出るような時には、既に歯周病まで発展している可能性も。

歯周病の場合は歯茎が腫れて痩せていったりなど、口臭以外のトラブルも見られるので、注意深く口の中を見てあげてください。

意外な理由“鼻”

口臭と鼻

子供の口臭の原因として、鼻にトラブルを抱えているケースがあります。

呼吸するときは無意識に鼻と口をどちらも利用しているものですが、風邪をひいたときなどで鼻が詰まっていると必然的に口呼吸に頼ることになります。

また、子供の中にはもともと頬や口回りの筋肉が弱くて口が開きやすく、その結果口呼吸になっているという子もいます。

口呼吸をするということは口が常に開いているので唾液が乾燥してしまうため、口臭が発生してしまうのです。

これは、唾液は雑菌をなくしたり、食べ物を消化するはたらきを持っているので、それが乾いてしまうと口の中をキレイに保てなくなってしまうため。

虫歯や歯周病の疑いがないのに口臭が気になってしまうという時には、子供の呼吸の仕方や鼻づまりに着目してみてください。

生理的口臭なら慌てないで

子供でも口臭が気になるときは、前述した虫歯や鼻づまり、他にも胃腸が弱っているときなどに消化液のニオイがこみ上げてくることが原因となります。

しかし、ただ単に食べ物や飲み物のニオイが原因で起こる“生理的口臭”であることも考えられるので、あまり慌てないで対処していきましょう。

香味野菜(ニンニクやネギ)を食べた時には特に強いニオイが残るものなので、柑橘類や梅干しを口にさせてあげるとすぐに改善します。

また、舌用のブラシを使って舌についたニオイや汚れを取り除くのも、生理的口臭には効果的です。

まとめ

子供の口臭の原因には、食べ物や飲み物のニオイによる生理的口臭と、体の症状が口のニオイに影響を与えているものとがあります。

胃腸が弱っている、鼻が詰まっているなどの症状がないかどうかを観察してあげたり、お子さんに聞いてみてあげてください。

また、歯磨きが苦手である子は虫歯や歯周病にかかっているために口臭が酷くなっていることも。

歯磨きの仕方をチェックしてあげたり、歯茎に腫れや出血がないかもお母さんが見てあげましょう。

>>子どもが嫌がらない仕上げ磨きの方法

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ