ブリス菌で歯医者は不要に?定期健診は行くべき?

歯医者で定期健診をしっかり受けていますか?

歯科医の多くが、定期健診は3ヶ月に1回くらい受けることを推奨していますが、なかなかそうはいかないという人も多いのではないでしょうか?

やはり仕事が忙しかったりすると歯医者へ通うのが億劫に感じてしまうものですし、お子さんを一緒に連れていこうとすると、労力はさらに必要ですよね。

それに、虫歯予防のために毎日ブリス菌を使ってしっかり歯磨きしているし、子どもにも虫歯はなさそうだし…と、対策が十分だからと定期健診は必要ないと感じている親御さんもいるかと思います。

では果たして、ブリス菌の力があれば歯医者で定期健診を受けなくてもよくなるのでしょうか?

それくらいの実力が期待できるのでしょうか。

 

ブリス菌の効果を過信しないで!

ブリス菌と虫歯

ずばり、ブリス菌で歯医者が必要無くなるなんてことはまずありません。

ブリス菌は善玉菌の一種であり、善玉菌を取り入れることで口内環境をいい方向へと導いてくれる新しい虫歯予防法として話題ですが、ブリス菌だけで完全に虫歯が無くなるかというとそれは違うからです。

例えば、いくらブリス菌の入った歯磨き粉を使っていたとしても、ブラッシングが不十分であれば歯垢が残るので、それが蓄積して虫歯菌のエサになる可能性は十分にありますし、歯垢は大きく固まると歯石になって取り除けなくなります。

また、ブリス菌の効果は既に進行してしまった虫歯に対しては意味がなく、あくまでも虫歯になる前の予防として使うべきものなんです。

痛みを感じていたり、歯が黒くなってしまっているようなら、いくらブリス菌入りの歯磨き粉でももう太刀打ちできないので、歯医者で治療をしなくてはいけないのです。

磨いているから大丈夫!という過剰な期待はしすぎないようにしたいですね。

 

定期健診の意味

歯医者の定期健診は、

  • ブラッシング指導
  • 歯垢や歯石がないかをチェック
  • 虫歯がないかをチェック
  • 虫歯があるときの早期治療
  • 子どもの歯並びの確認

など、受けることで様々なメリットがあります。

特に、小さなお子さんの場合はブラッシングが不十分ですし、親が仕上げをしてあげたとしても自己流になってしまいます。

そこで、定期健診で歯の状態を見てもらったり、ブラッシングの仕方を教えてもらうことが必要なのです。

また、歯が生え始めると歯並びも気になりますが、もしも歯の生え方に問題があるようなら、早期的な矯正治療や、歯並びによる磨きにくさの対策法も教えてもらえます。

歯並びが悪いと虫歯になる確率も大きくなりますが、早期発見と早期治療ができるのも、定期健診に通っているからこそなんですね。

 

まとめ

ブリス菌を使っているから、歯医者で定期健診をうけなくても大丈夫だということは間違いです。

歯医者で歯科医に口の中を確認してもらうことによって、虫歯や歯並びの悪さに対してのチェックや対策を知ることができますし、正しいブラッシングを身に着けることにも繋がります。

ブリス菌は実力のある善玉菌ですが虫歯になってしまっては意味がありませんし、正しいブラッシングがあってこそ、その力を発揮してくれます。

ブリス菌と歯医者とのコンビネーションで、さらに良い口内環境にしていきましょう。

>>子供が虫歯と診断されたら虫歯対策はどうしたらいい?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ