ブリス菌配合のブリアンは何歳から?嫌がる赤ちゃんへの歯磨き法

ブリス菌配合のブリアンですが、何歳というよりも歯が生え始めるくらいの6ヶ月くらいの赤ちゃんでも使えることで人気になっています。

子供の虫歯予防をするなら、妊娠中から始めなければいけないと言われますが、その理由は「母子感染」

赤ちゃんの虫歯菌は周りの人からの「感染」で、その中でも一番感染率が高いのが触れ合う機会が多い母親だと言われています。

そのため、親がまずは口内環境を良くしないといけませんが、生まれてしまってからでも遅いと言うわけではありませんが、虫歯のことを気にした生活を始めるのが早いほど虫歯になりにくくなります。

⇒ブリス菌の定着と早く使った方がいい理由

 

ブリアン歯磨き粉は本当に赤ちゃんでも使える?

ブリアンは子供用歯磨き粉ですが、赤ちゃんに使っても大丈夫なのか、気になりますよね。

結論から言うと『大丈夫です』

公式サイトにも「歯の生え始めた~」と書いてあります。

ブリアンと赤ちゃん

 

とはいっても、市販の子供用歯磨き粉でも「子供用」と言いつつ、最近危険な成分が入っていると話題になっているから、心配になる!と考えるのは当然のことです。

しかし、ゆすがなくても良いくらいブリアンの成分は優しさにこだわって、不要なものは一切入っていないので安心して使うことができます。

 

赤ちゃんへはどう使ったらいい?嫌がる時は??

歯が生え始めた赤ちゃんの場合は、歯ブラシではなくガーゼで拭いてあげてください。

最初は嫌がったらやめて、機嫌の良い時に食後ママの指にガーゼを巻いて話しかけながら拭いてあげることで、自然と嫌がることなく習慣にしていくことができます。

このときにガーゼにブリアンを少しつけるだけ!

あとは歯だけでなく歯ぐきも軽く刺激を与えながら、おかしなところがないかもチェックしたら、唾液をガーゼで拭き取ればおしまいです。

歯磨きシートもありますが、余計な成分が使用されていると、ブリス菌の効果が半減してしまうこともあるので、注意が必要です。

歯磨きは2~3分すると良いのですが、赤ちゃんの場合はそこまで口の中を触るのが難しいですよね。

それでもブリアンなら、ブリス菌が生きたままお口の中に行き届くので、口内環境を良くしてくれるので、無理にすべて洗い流そうとする必要はありません。

 

気を付けて欲しいのが、どうしても嫌がってしまう場合。

音楽をかけたり、歌いながら笑顔でしても泣いてしまうという時には、口の中に指を突っ込んでみて、それを嫌がらないようなら、ガーゼやブリアンが原因になっているかもしれません。

ガーゼやブリアンの粉のザラつきがイヤという場合もあるので、ガーゼを柔らかいものに変えてみたり、ブリアンは拭いた後に少し口に入れてあげるというのもアリです。

味が嫌!という場合には仕方ないですが、舐めて美味しいと思うものであれば、磨いた後のご褒美として少量口に含ませてあげるだけでもブリス菌の効果は期待できるので、早いうちから虫歯予防をしたい人には最適です。

 

まとめ

ブリス菌配合のブリアンは何歳から使えるか。

1歳未満の歯が生え始める6ヶ月くらいでも、安心して使うことができます。

この時期から離乳食の後に歯磨きする習慣にしておくと後々が楽なので、ガーゼを使うことをオススメしますが、嫌がらないように機嫌の良い時に楽しいものだと思える工夫をしてみてくださいね。

ブリアンの使い方も

  • ガーゼに直接つける
  • 最後にご褒美として口に含ませる

などの方法があるので、様子を見ながら良い方法で続けていきましょう!

また、上の子が使っていないなら一緒に、上の子が使っているなら下の子も一緒に使うことをオススメします。

>>ブリス菌123TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ