歯のためにブリス菌以外にもしておきたい虫歯予防法

年齢に関係なく歯はブリス菌で虫歯予防対策ができますが、これだけでは完全!というわけではありません。

そのため、ブリス菌さえあればというのは間違いで、頼り切ってしまうと虫歯になってしまう可能性があるので注意が必要です。

どんなに頑張っていても虫歯ができてしまうから、人気の子供用歯磨き粉ブリアンでこれから虫歯予防をしようかな?と思っているなら、ぜひ歯のためにブリス菌以外の虫歯予防も取り入れていきましょう。

 

ミュータンス菌のエサをなくすのはブラッシング

虫歯予防とブラッシング

虫歯の原因になるミュータンス菌については以前説明をしました。

⇒ミュータンス菌って一体なにもの?

このほかにも「感染したら虫歯になってしまうのか」など、しっかり説明をしていますが、このミュータンス菌のエサとなるのがプラーク=歯垢です。

そしてこのプラークを取り除くことができるのがブラッシングで、ブリアンのBLIS M18のむし歯予防も「ブラッシング」が重要になります。

つまり、口内環境を整えるために乳酸菌(善玉菌)は効果的ですが、悪い菌をおとなしくさせるだけでなく、虫歯予防を考えるなら繁殖を防ぐことが大切!

そのためにはブラッシングをする(歯を磨けない小さなお子さんはガーゼなどで磨いてあげる)ことは欠かせないのです。

 

歯磨きだけでも虫歯予防はできません

とはいっても、やっぱり正しい歯磨きをしたとしても100%虫歯にならないとは言い切れません。

実際に小さな時から歯磨きを習慣にして、子供が嫌がらずにしっかり歯磨きができている人でもむし歯になって落ち込んでいるママが多いんですよね。

この理由は

  • 体質
  • 食生活(時間や食べ物)

もちろん、正しく磨いているつもりでも、きちんと歯を磨けていなかったから虫歯になったというのもあり得る話で、この場合には歯磨き粉をブリアンにしても虫歯になる可能性は当然あります。

歯磨きをしているから甘いものやジュースをダラダラ食べたり飲んだりしても良いわけでもないし、どんなに気を付けてもエナメル形成不全など虫歯になりやすい場合もあるので、徹底して乳歯や生え変わり時期の永久歯をブリス菌で虫歯予防したい!というなら、必ず定期健診をうけましょう。

親が定期健診を受ける習慣がないと、子供も治療や何かないと歯医者に行く機会がなかったりします。

でも、これこそが虫歯予防が失敗してしまう原因です。

海外では治療より予防。

最近日本でも定期健診に行く人が増えていますが、お口の中の健康は歯医者さんでしかわからないというのが正直なところで、歯石やむし歯などの状態が進行してからしか本人は気づくことができません。

だから、毎日の生活が正しいかどうか、ブリス菌の効果はどうかは定期健診に行くことが一番わかりやすいのです。

 

まとめ

子供の歯のためにブリス菌で虫歯予防を考えるなら、ブリス菌を取り入れるだけではなく、正しい歯磨きと食生活を送ること!

そして、それがきちんとできているかどうかを定期健診でチェックしてもらいましょう。

歯磨きは自分でなおそうと思っても、なかなか治るものではなく、利き手によって磨き残しがあったり、磨きにくい箇所があって、それが虫歯菌のエサとなってしまうことがあるのです。

正しい虫歯予防を心がけるなら、ブリス菌ひとつだけで100%は難しいです。

だからこそ、虫歯ゼロを目指すなら徹底した予防を心がけましょう。

>>仕上げ磨きの正しい&子どもが嫌がらない方法

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ