ブリス菌の効果はむし歯予防以外にも?知らない人は損をする!?

ブリス菌の効果というと「むし歯予防」が一番に思いつくのではないでしょうか。

その中でも「BLIS M18(ストレプトコッカス・サリバリウスM18)」は、子供用歯磨き粉ブリアンから知ったと言う人も多いとは思いますが、実はブリス菌の効果は虫歯予防だけではないのです。

実際に習慣にしていたら変化に気付いた!と言う人もいるかもしれませんが、子供だけじゃく人間、動物の口内環境を良くしてくれる善玉菌の優等生なのです。

 

驚き!ブリス菌の驚きの効果

まずブリス菌にはM18の他にK12もいますが、幅広く活躍してくれるのがM18です。

BLISのBは「Bacteriocin(バクテリオシン)」で、このバクテリオシンというのが抗菌力を持っているタンパク質を作って、悪玉菌を減らすだけでなく、増やさないようにします。

腸内や口内には悪玉菌と善玉菌が共生していますが、バランス良い状態を保つことで悪玉菌は悪さをしなくなります。

そしてその口内環境を良くする働きをしてくれるのが「BLIS M18」

口内でのブリス菌の効果は

  • ミュータンス菌を減らす、抑制
  • 歯垢を除去、予防
  • 歯周病菌を減らす、抑制
  • 口臭の改善、予防
  • 酸性からアルカリ性にする

口内環境を良くするので、ブリス菌の効果はむし歯予防だけではないのがわかりますよね。

しかも、赤ちゃんや虫歯菌を感染させたくない大人、歯周病になりやすく病院代も高いペットなど、幅広く使うことができるのも嬉しいポイントです。

 

悪玉菌を殺菌してしまってはダメなの?

ブリス菌と悪玉菌

ブリス菌は悪玉菌と善玉菌のバランスを良くする働きがありますが、ミュータンス菌などの悪玉菌を殺菌してしまった方が早いのでは?と思う人もいるかと思います。

でも、これは間違い。

例えば、歯磨き粉の殺菌剤は悪玉菌だけでなく善玉菌も殺菌してしまいます。

菌を殺すことで守る『アンチバイオティクス(抗生物質)』では、副作用もあれば、耐性菌も発生するし、善玉菌と悪玉菌のバランスが良くなるわけではありません。

そこで、注目されているのが良い菌を増やして悪玉菌の働きを抑え、口内環境を良くしてくれる『プロバイオティクス』で、この働きをしてくれるのがブリス菌なのです。

悪玉菌だけを殺菌してくれるのだったら良いの?というとそういうわけでもなく、悪玉菌がいるから善玉菌は働いてくれるので、悪玉菌と善玉菌がバランスよく保たれていることが一番良い状態です。

善玉菌も悪玉菌がいないとサボっちゃうんですね。

生まれたばかりの赤ちゃんには善玉菌しかいませんが、母親から悪玉菌をもらって免疫力ができるように、悪玉菌も必要な存在なのです。

 

まとめ

ブリス菌の効果は虫歯予防以外にも、歯垢や歯周病、口臭などに幅広い効果があることがわかりました。

赤ちゃんから高齢者、ペットに至るまで、幅広く生活に取り入れていくことで、お口の中の健康が維持できるので、どんどん取り入れていきたいですよね。

歯は永久歯になれば、あたらしいものと取り換えることはできません。

そのため、乳歯のうちから虫歯にしないことが大切ですが、虫歯になりやすい・なってしまったから仕方ないではなく、それ以上は増やさないようにすることが大切です。

日本人は歯磨きの回数が多いけど、お口のトラブル多いのは口内環境が悪いから。

ブリス菌を活用して口内環境を良くして、あらゆる悩みを解消していきましょう。

>>子供が虫歯と歯医者で診断されたらどうしたらいい?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ