ブリス菌の歯磨き粉はブリアンが世界初!?なぜ他にないのか

ブリス菌配合の歯磨き粉「ブリアン」は世界初の通販限定歯磨き粉。

むし歯予防成分のblis m18を歯磨き粉に配合したのが世界初!ということですが、長い研究機関と多くの論文や研究結果がありながら、歯磨き粉にならないのか。

気になりますよね?

実はこの答えが、ブリス菌配合の歯磨き粉「ブリアン」の中に書かれています。

 

ブリアンが練歯磨きでない理由

ブリアン開発担当の歯科医師がペースト状にしなかった理由はこちら

ブリス菌と歯磨き粉

 

たしかに、ペースト状の歯磨き粉に関しては期限や安全性について疑問を持つことがありますよね。

最近では子供用歯磨き粉に関して、成分が安全ではない!とも言われているし、フッ素配合でないものを探している人も増えていて、子供用だから安全という考えが少し変わってきています。

 

また、加工の面や

ブリス菌と歯磨き粉

 

タブレットでなく、歯磨き粉にしたかった理由も。

ブリス菌と歯磨き粉

 

こんなきちんとした理由から、歯磨き粉「ブリアン」は研究開発されました。

粉状の理由も納得ですよね。

また、安心・安全なだけでなく、毎日使うことを考えてコスパの面も考えられているのは、斎藤歯科医師だけではなく、子供の虫歯に悩むママが開発チームにいるから。

よく「年寄りばかりの金持ちな政治家は、現状がわかっていない」なんて言いますが、商品開発に同じ目線で考えることができる人がいるから97.5%の満足度というのも納得です。

 

乳酸菌は種類も効果もそれぞれ

ブリス菌は乳酸菌ですが、それ以外の乳酸菌配合の歯磨き粉は販売されています。

成分や子どもが使えるかどうかはそれぞれ違うので確認が必要ですが、成分のシンプルさはブリアンがダントツです。

安全性はもちろんなのですが、それ以外に気を付けてほしいのがこの乳酸菌の種類で、それぞれ効果も変わってくるので目的に合わせた効果があるものを選ぶようにしてください。

また、虫歯予防効果にしても、きちんとした研究結果や確実なものを選びましょう。

 

子どもを虫歯にさせたくないと言う理由で乳酸菌配合の歯磨き粉を使うのなら、早い段階から始めなくてはいけませんし、感染源の大人も気をつけなくてはいけません。

 

歯が生え始めてから3歳まで『できるだけ虫歯菌を感染させないようにすること』と、『虫歯菌を繁殖させない環境を作ること』はとても重要ですが、その効果があるのが「BLIS M18」です。

 

食べれて確実な安全なヨーグルトを歯磨き粉として使う方法もありますが、より効果の高い種類と正しい方法で使うことを心がけましょう。

大人は良いけど、子どもが無糖のヨーグルトを嫌がってしまうと歯磨き嫌いになってしまうので注意してくださいね。

 

まとめ

ブリス菌の歯磨き粉はブリアン以外には、あるかもしれませんが見当たりませんでした。

検索してもブリアンばかりですね。

歯磨き粉がない理由として、ブリス菌が高額で希少というのもあるとは思いますが、一番は「ペースト状に向かない」ことではないでしょうか。

ペースト状にすれば余分な成分を入れることになって、安全性はマイナスになってしまう。

大量生産が可能で加工が簡単だったらたくさんあるのかもしれませんが、それはデリケートだから難しいことなので、他の乳酸菌配合の歯磨き粉の購入を考えるなら、その乳酸菌はどうなのかをきちんと確かめることをオススメします。

>>97.5%のママが満足!ブリアン公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ